メインビジュアル

CMでおなじみのプロミス

メインイメージ

いつも楽しいCMで人気急上昇中のプロミスは、これまでも便利で利用しやすいということで人気がありましたが、このたびWeb完結サービスを導入しました。
このサービスは、申込から借入、返済にカードがいらないという便利かつ家族や周りの人にバレないというメリットがあります。
郵送物もカードもなしということで安心して借り入れができます。

プロミスと言えば、「いつでもカード申し込みOK」ということで、24時間ネットでカード申し込みができます。
申込だけならそう時間はかかりません。空いた時間にスマホや携帯、パソコンを使って申込しておくと後が審査もスムーズに進みます。
即日融資にもこのネット申込が大変便利です。

ネットを駆使したサービスを展開しながらも、これまでの商品も引き続き継続して行きます。
おまとめローン、フリーキャッシング、自営者ローン、目的ローンもあります。
また、限度額は500万円を設定しているので、小額の借入だけでなく高額の借入にも対応しています。
この他、はじめての人に限り30日間まるごと利息ゼロ円も実施しています(条件あり)。
プロミスは、これまでのサービスを維持しながらも、ますます利用しやすく進化中と言えるでしょう。

プロミスなら今すぐ借りれるの?

会社名 即日融資について Web完結あり? 限度額 金利ゼロサービス
プロミス ○
土日でもOK
○

500万円 ○

アコム ○
土日はむじん
くんなら可
○


500万円 ○


レイク ○
在籍確認が
取れればOK
○


500万円 ○


モビット ○
土日はカードを
持っていて
ATMなら可。
○



800万円
アイフル ○
在籍確認が
取れればOK
500万円

プロミスは即日融資が可能なカードローンです。はじめて借入する人でも審査に通れば、即日融資ができます。
即日融資はWebで手続きが完了しているとスムーズです。
インターネットでは、24時間365日受け付けをしているので、いつでも申込ができます。
Webで手続きすると、いざというときに相談などできないのでは?と不安になる人もいるかもしれませんが、その心配もいりません。
マネーアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれます。相談はインターネットもしくは、プロミスコール(フリーダイヤル)で可能です。
2回目の借入からは、最短10秒で指定口座に振込が可能となります。この借り入れ申し込みも、インターネット会員サービスにログインし簡単な手続きで可能です。

申し込み方法は?

プロミスの申込方法にはいくつかの方法があります。

【Web申込】

24時間365日申込可能。パソコン、スマホ、ケイタイで申込できる。

【自動契約機】

自動契約機のタッチパネル(9:00-22:00)で申込する方法。

【三井住友銀行ローン契約機】

SMBCローン契約機(9:00~21:00)で申込する方法。

【プロミスコール】

フリーダイヤルに電話して申込をする方法。フリーダイヤル開設時間内しか申込できない。

【店頭窓口】

必要書類を持参して店頭にて申込をする方法。直接質問できる。店舗の開店時間しか申込できない。

【郵送】

誰にも会わずに申込をする方法。
全国の自動契約コーナーやプロミスATMコーナー、お客様サービスプラザ、プロミスコールまたは、インターネットからお申込書請求でも申込書を取り寄せできる。即日融資は不可。

申込方法には、それぞれのメリットとデメリットがあります。それらを総合的に把握してから、どの申込方法が自分に合っているのか考え決めましょう。
プロミスの人気の申込方法はやはりWeb申込のようです。時間帯に縛られることなく申込ができるという面で人気があります。
仕事の飽き時間、通勤途中、家に帰ってじっくり、Web申込の方法に関しては、スマホなどのインターネットに接続する機器さえあれば柔軟に対応が可能です。

必要な書類は?

プロミスに借入を申込する際にはどのような書類が必要なのでしょうか。一般的な身分証明書に関してはその他の金融機関と差はありません。
希望借り入れ金額によっては、収入証明書が必要となることがあります。(プロミスの場合は50万円を超える場合)

【身分証明書】

運転免許証が必要です。所有していない場合は健康保険証またはパスポートとなります。
外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。

【収入証明書】

希望借入額が50万円を超える場合は必要です。
もしくは、他社から既に借入金がある場合、その額と希望借入額を合わせて100万円超える場合も必要です。
下記の中からどれか1点を準備しましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書が必要です。

これらの必要書類ですが、Web申込の場合はカメラ機能を使って画像化したものやスキャンしたものを送るということになります。
スマートフォンの場合は、スマートフォンアプリからも提出が可能です。

審査の流れって?

プロミスでの借入申込が終われば、必要書類を提出し、審査結果を待つということになります。
一般的に希望借入額が低い場合は、審査にそう時間がかかることは無いといわれており、希望借入額が高額の場合は時間もかかります。
審査に通過したいのであれば、借入額は最低限にしておいた方がよさそうです。

【審査結果の通知】

契約可能額が決定すると、その結果はメールもしくは電話で連絡が入ります。
これは、どちらを希望するのか選択することが可能です。メールの場合はインターネット上で契約可能額を確認することが可能です。
仕事中という場合や、電話に出られるかどうか分からないという場合は、メールでの結果通知を選択することが望ましいでしょう。

【審査結果までどのくらいかかる?】

最短30分ほどで審査結果を知ることができます。

【審査に通るか分からない】

プロミスのHP上では、借り入れ診断ができます。これは、3項目を入力するだけで診断できます。(生年月日・税込み収入・他社からの借入金)
この借り入れ診断は最終診断ではありません。審査に通るかどうかの目安となるものですが、この審査である程度の目安のようなものを知ることはできます。

審査には通りやすいの?

プロミスの借入審査に通りやすい人というのはどのような人なのでしょうか。

プロミスは年齢20~69歳のご本人に安定した収入がある人が借入可能です。この年齢内であることは最低条件となっています。
消費者金融ですから、年収が0円という人は借入ができません。しかし、正社員でなくても主婦のパートや学生のアルバイトで安定した収入がある場合は借入が可能です。

【審査に通るコツ】

必要な額だけ借り入れをするということが審査に通るコツとなります。
あまりに高額な借り入れ希望額を提示すると、審査にも時間がかかりますし、審査に通らないということになりかねません。
特に、他社からの借入があるという人は借入希望額が少なめの方がいいでしょう。

【これまで延滞がない】

信用情報機関では、その人の借入申込から、分割払いの支払い状況などをあらゆる金融機関で情報を共有しています。
これらの情報に問題がある場合は審査に通りにくくなります。
審査の申込履歴も分かってしまうので、あらゆるところに借入申込はしないように誠実な対応を心がけましょう。

【勤続年数が長い】

正社員が少ない現代、非正規というだけで審査に通過しないということはありません。大切なのは勤続年数とも言われています。
転職を繰り返している人はある程度勤続年数を重ねてから申込するようにしましょう。

借入方法は?

メインイメージ

プロミスの借り入れ方法にはいくつかの方法があります。全国どこにいても一律で同じサービスが受けられるように工夫されています。
お勧めは、ネットから申し込む方法です。スマホや携帯から利用可能なので、外出先でもすぐに対応できます。

【審査に通るコツ】

振込の場合は手数料無料です。24時間利用可能です。三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合、「瞬フリ」サービスが利用できます。
インターネット、プロミスコールで利用可能です。

【これまで延滞がない】

全国のプロミスATMから借り入れが可能です。三井住友銀行内に設置してあるローン契約機でも可能です。

【勤続年数が長い】

提携先は多くあり、三井住友銀行をはじめメガバンクやセブン銀行、イオン銀行、もしくは主要都市に設置してある銀行。
大手コンビニやE-net設置のATM。
クレジット会社では、クレディセゾンが可能です。

【コンビニ端末(返済のみ手数料無料)】

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートに設置されているメディア端末を利用して返済すれば手数料は無料です。(借り入れは不可)

提携ATMを利用する際は手数料が掛かります。1万円以下108円、1万円超216円。
プロミスATMおよび三井住友銀行ATMでのお取引は、利用手数料は0円(無料)です。

Page top icon